プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:心理・考えたこと・思うこと
最近では、コミュニケーションということがいろんなところで
重要視されているところでございますが、

コミュニケーションを円滑に行う上で、
必ず気をつけなければいけないのはこれだと思うのでございます。


嫌いを顔に出す


これは重要。
今回はこれについて。

ボクは、今も昔もちょくちょく人前で話をする機会がございまして、
話をさせてもらうのでございますが、時々現れるのでございます。
「こいつ嫌だな」とか「マジで消えろ」みたいな顔をしてくる方が。

ボクの話の技量が足りなかったり、内容がつまらなかったり、
顔が気持ち悪かったりするせいで
「嫌だな」とか「消えろ」っていう感情が生まれて、心の中で思ってることは、
ボクが悪いので、仕方がないことですが、
嫌だ、という感情を顔に出すと、前に立ってる側の人間は例外なくわかるのでございます。

会場全体の空気が悪くなっていることが。

ボクの話で、個人が嫌だと思うのは自由でございますが、
嫌だという表情によって、会場全体まで、なんとも言えない感じにしてしまうとは。


嫌だという感情を自分の心の中にしまっておくことってできると思うのでございます。
もし、嫌だという感情を持ちたくなかったら、聞かないとか、会場を出て行くとか、
いくらでも方法はあると思うのでございます。
嫌だったことを表現したいのだったら、
終わってから、大勢の人がいないところで何人かに話をするとか、
居酒屋に行ってから、文句を言うとかでいいじゃないではございませんか。

全員にうける話をしない方が悪いという方もいらっしゃるかもしれないでございますが、
毎回全員にうける話をするということは、どれだけ努力をしても
なかなか達成できるものではございません。



嫌いを顔に出す=会場全体の空気を悪くする
という構図は、少なからずあると思うのでございます。

だから、嫌いということは、顔に出す以外の方法で解決するのが
いいと思うのでございます。

逆を返せば、心の中でどう思っても、
顔に出さなければ大丈夫な部分もあるかもしれません。



というわけで、空気を悪くしてコミュニケーションが難しくならないように
嫌いを顔に出すことは出来る限り避けましょう。


感情が顔に出ないと思う人はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



            
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:心理・考えたこと・思うこと
突然ですが、クイズです。
次の5つの発言は、それぞれ、誰の発言でしょうか? 5名考えてみてください。


①「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから。」
②「日本を変える航海に出発したい」
③「ああ、苦しい、今、死にたくない。」
④「楽しくないと人生じゃないよ。楽しいことを求めないと。」
⑤「自由」や「権利」を主張する時には「義務」「ルール」「リスク」を負うのは当たり前でしょ。でもそういう のを抜きにしての「自由」が横行しているよね。

※下に解答をのせておきました。




さあ、みなさん、わかったでしょうか?
正解は下記の通りです。
①イチロー選手
②小泉純一郎さん
③夏目漱石
④りみや(このブログの執筆者の一人)
⑤ビートたけしさん


この結果を受けて、みなさんどう思ったでございましょうか。
様々な感想を持たれたと思います。

ここで、もう一度5つの名言を読み返してみてください。





すると、
4番目の発言だけ、安っぽいものに感じるのではないでしょうか。
(4番目も悪くないと思った方は、ある意味すごいと思います。)

当然といえば当然かもしれません。
他の4人はみなさん素晴らしい人たちでございますからね。
その中に素人が発言するなよ・・という感じでございますが。

そこで、今回ボクが考えたこと。


思い込みって怖いものではないか。


これって結構重要だと思うのでございます。
特にインターネットでは。

例えばインターネットの掲示板なんかで、
有名な人や著名な人が誹謗や中傷をしたり、名言を述べたりしても、
そういう人たちってたくさんいるから、
結構スルーされてしまうことってあると思うのでございます。

でも、有名人や著名人が実名を出したらガラっと変わって、
普通の発言が名言に聞こえてしまう。
誹謗や中傷がウソのように感じられる。

有名人や著名人=スゴい
という思い込みによってとらえ方って変わってしまうと思うのでございます。

さっきのクイズの場合も
「ああ、苦しい、今、死にたくない。」っていうのは
夏目漱石が発言したからスゴいと感じるのであって、
りみやが発言したところで、「そんなこと知らねーよ」っていう
リアクションが当たり前になってしまうと思うのでございます。


この思い込みにとらわれてしまうと、
様々な情報が自分の中で歪んでしまうと思います。
有益な情報を逃してしまう可能性もあります。


著名人でも、よくわからない発言をしている人はいます。
一般人でも、素晴らしい考えを持っている人はいます。


思い込みにとらわれないで、
誰が発言したかを気にしたり、とらわれたりせず、
発言や情報は平等に扱うべきではないでございましょうかね。






おまけに、
最後に名言を一つのせたいと思います。


「佐川急便のドライバーはクオリティが高い」



これは、マツコデラックスさんの名言。

マツコデラックスさんだとわかった方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



            

copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。