FC2ブログ

プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
バンデューラという人をご存じでしょうか。

教育や心理に興味のある人は知っているかもしれませんが、
この人は、モデリング説(観察学習)というのを提唱して話題になりました。
端的に言うと、人間は人のまねをして学習する、ということを提唱しました。

これは結構有名な話なのですが、
今回注目したいのは、この人が他に提唱した考え方です。
それを、「自己効力感」と言います。

自己効力感とは、どういうことかと言うと、
様々な物事に対して、「自分は絶対にできる」と思ったら、それは必ず達成するという考えです。
逆に、少しでも不安があったら、必ず失敗してしまうとも考えました。
だから、1%でも不安があったら、それを排除して、自分を100%信じることが大切だと考えました。
そのため、不安を無くしていくための行動が重要だと考えました。

というものなのですが、
個人的には、こういう考えって大切かなと思いました。

人間はどうしても、不安を抱えることってあると思います。
むしろ、抱えないほうが難しいくらいです。
だからこそ、こういった意識を持って不安を潰すことで、
いろいろと明るくなるような気がします。

考え方も前向きになるでしょうし。

特にこういう考え方は、地震のときだからこそ、
意識する必要があると思います。

「もうダメかもしれない」

ではなく、

「絶対に復興してやるぞ」

という気持ちが大切だと思います。
そういう気持ちにさせるための、周りの人達の支援なんかも重要に
なってくるのではないでしょうか。


今回の話に考えさせられた方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



            
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
年金について、騒がれることが時々あるので、
年金を調べてみたら、ちょっと気になったことがあったので、
まとめておきます。

端的に言うと、自営業って不利なのかな、っていう話です。


年金には、第1号被保険者から第3号被保険者まであります。

第1号は主に自営業の人達。
第2号は民間サラリーマンや公務員などの人達。
第3号は第2号被保険者の被扶養配偶者の人達。
を指します。

第1号の人達は、自分で国民年金の加入の手続きをし、
定額保険料(2011年度は15020円)を自分で納めます。

第2号の人達は、保険料が賃金のランク(標準報酬月額)に比例し、
保険料率は、2011年4月時点で16.058%(平成29年まで毎年引き上げられる予定)で
この保険料を労働者と雇用側で折半をし、それを給料から天引きします。
この人達は厚生年金や共済年金を払うのですが、
これらの年金の中に、国民年金の保険料分も含まれています。


という感じなのですが、これだとわかりにくいので、
実際に数字を使ってみます。

よりわかりやすくしたいので、自営業とサラリーマンの月の給料を
両方とも11万円という仮定で話をしてみたいと思います。

自営業の場合、払う額は決まっているので、15020円を払います。

サラリーマンの場合、11万円の16.058%を払うので、
11万×16.058%=17663.8円です
しかし、労働者と雇用側で折半(労使折半)なので、
17663÷2=8831.5円を払うことになります。

ここまで来ると、変に感じるかもしれませんが、
サラリーマンの人達は自営業より払う金額は少ないのにも関わらず、
もらえる金額はサラリーマンの方が多いんですよね。

当たり前と言えば当たり前の話なんですけど、職業の違いによって
払っている額に比例しないのは、どうかなと思います。

自営業の人達をフォローするわけではないですが、
自営業を少しはフォローしてあげるのも必要かもしれないと思います。

自営業の人たちは、国民年金だけということを納得して
受け入れる人ばかりだったら、話は別ですが。

要は、年金の職業による扱いは
考える余地があるのではないか、という話です。

ある意味比例しているところがあるかもしれない、という考えもありますが、
第1号被保険者の人達に対してもっと考えるべきなのかもしれません。

個人的な感情ではなく、制度的にも年金はもっと注目しておくべきかなと思いました。

今回の話に考えさせられた方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



            

copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。