FC2ブログ

プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:心理・考えたこと・思うこと
性善説という言葉をご存知でしょうか。

すごく簡単に言うと、人間には最初から良心的な心が備わっているよね。
っていう考え方です。


逆に、性悪説という言葉をご存知でしょうか。

これもすごく簡単に言うと、人間は生まれた時から欲望があったり
悪いことを考えていたりするよね。
っていう考え方です。


これだけだとわかりづらいので、もう少し深く掘り下げます。

性善説の場合、人間は良心的というのが前提なので、
もし人間が悪いことをした場合、人間に悪いことをさせてしまう周りの環境が悪いよね。
っていうふうに考えます。

性悪説の場合、人間は悪というのが前提なので、
人間が欲望や悪いことをすることを抑えているのは、社会のルールによって人間を矯正
しているからであって、だから社会のルールって大事だよね。
っていうふうに考えます。


でも、ここまで読んでいただいた方の中には、
良心的な心ってなんなの?とか、欲望ってなにが欲望なの?とか
疑問が浮かんでくる人がいると思います。


そこで、性善説を考えた人は、人間には最初から良心的な心を4つ持っているって考えました。
それがこの4つです。
・他人の不幸を見て見ぬふりができないという心
・自分の不正や悪いことを恥じる心
・お互いに譲り合う心
・良いことと悪いことを見分ける心

この4つの心を人間は生まれた時から持っているので、性善説だと考えました。


そこで、性悪説の人達は、
「その4つの心を人間が最初から持っていたら、みんな分かっていることだから
別に改めて言う必要とかないでしょ。この4つに納得する人がいるってことは
この4つを持っていなかったり、知らなかったりするからであって、
やっぱり人間は欲望とかを持っていて、悪なんだよ。」

というふうに思い、性悪説だと考えました。



これが性善説と性悪説なのですが、

これってどっちが正しいのでしょうか。

今の文を読んだだけでも、かなり意見が分かれるところだと思います。

そこで、性善説を推す人と性悪説を推す人が
両方の考え方を政治にあてはめてみたことがありました。


性善説を推す人は、
上の立場に立つ人が、
他人の不幸を見て見ぬふりができなかったり、
自分の不正や悪いことを恥じることができたりしなければいけないと考えました。
だから、性善説にあてはまらない人は政治を行うべきではないと考えました。


性悪説を推す人は、
全員に良心なんかなく、全員が欲望とかにまみれていると考えたので、
人々を制限するルール、すなわち法律にきちんと従うことが必要だと考えました。


どちらが正しいのか、難しいところです。


ということで、
個人的にこれを今回の震災という視点で見てみました。


テレビなどのメディアで
地震の被災地の方々が、お互いに助け合っている場面をよく見ます。

最初から良心的な心を備えていたからなのかもしれません。

しかし、被災者の中には自分が生き延びたいという思いから、
全員に平等に与えられた救援物資に対して、
若干多めに取ったり、みたいなことがあったそうです。

そういう部分を見ると、欲望とかが出てしまっているように思えます。


また、今回の地震で自ら積極的に募金を行っている人がいます。

良心的な心があるからでしょうか。

しかし、募金と言っておきながら、そのお金を
被災地に届けずに、自分のものにしてしまったり、
募金を盗んでしまうような人がいます。

それは、人間の悪の部分が出てしまっているのかなと。



どの意見が正しくて、どの意見が正しくないか、なんてことは
正解がないのでわかりませんが、


僕たちとしては、
目指すは性善説、実際は性悪説なのかな、と。

良心を持っているという前提があれば、
人間関係も円滑でしょうし、

逆に相手が悪という前提で行動するのは、
常に相手を疑うことになり、それもどうかなと。

でも、現代社会は人に対して疑わなければいけない場面が多いことも事実でして。


だから、僕たちとしては、
とりあえずは、性善説と性悪説をこのように捉えておきたいと思います。

近いうちに考え方が変わっているかもしれないですけど・・・



今回の記事は、何か意見を述べるというよりも
そういう考え方を知ってほしい、という感じで書きました。

性善説と性悪説っていう考え方は、
意外に使えるんで、ふとした瞬間に2つの視点で考えてみるのはいかがでしょうか。




性善説と性悪説についていろいろと書きましたが、
目指せ、性善説!って感じなのかもしれません。

みなさんの見解を知ることができたら、と思います。

今回の話が興味深いと思った方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



            
スポンサーサイト
コメント

うんうん。おそらく人によって良心が占める率が随分異なるのでしょうね。特に災害時などには、それが表面化しやすいのかもしれない。

ぼくは自分の悪い部分、よく感じるので、できるだけ意識して良い方へ引っ張っていきたいなって思いました。

大変勉強になりました

はじめまして

とてもわかりやすい解説で、大変興味深く読ませていただきました。

>目指せ、性善説!って感じなのかもしれません。

これいいですね!

私の知人(大人)に性善説そのもののような人がいます。この人といると、とても自分が疑り深い性悪説な人間ではないかと思う事があり、常々この人みたいな考えかたができるようになるにはどうすればいいだろうと日々自問自答しています。

幼い頃は性善説な人だったような気がするんですが、年齢とともに悪い人や悪事にひっかからないように疑り深くなってきたように思います。

ただ、死ぬときは、生まれてきた時より性善説な人になって死んでいきたいと思うのであります。


とても、勉強に、なりました。

私は、表裏一体という、考え方なので…

性善説にも、性悪説にも、肯定的、立場です。

今は、ストレスが、欲を生み、欲が、道具を、進化させ、その道具を、扱う人の、心が、ストレートに、世に出る社会なのかな?

と、勝手に、思っています。

かなり脱線して、まとまりが、つかなくなりました、ごめんなさい。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

一人一人の占める率が違うというのは、確かだと思います。

個々の意識の問題だとは思いますが、
良い方向へ持って行くことは大事だと思います。

Re: 大変勉強になりました

コメントありがとうございます。

読んでいただけて嬉しいです。

そういう自問自答は大切だと思います。

年齢とともに、いろいろな経験をしていくので、
疑り深くなることは、ある意味仕方がないのかもしれません。

僕たちも性善説になれれば、と思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

どちらも肯定するというのは、大切な気がします。

心がストレートに出る社会というのは、ある意味正しいかもしれません。

全然まとまっていますし、自信を持ってください。

これからもコメントをお待ちしています。

ブログ訪問者リストから飛んできました
僕も似たような記事を書くことがあり、興味深いものでしたのでコメントさせていただきます。

僕は人間の本質は
性無説だと考えてますね

いや、無と言うよりは人に生まれながら備わっているものを善だとか悪だとか考える事は間違っていると思いますね

人は生まれながらに性格の本質的な部分、気質を持っていますが

性善だとか性悪ってのはこの気質の善し悪しなわけで

それを全人類だれしもが共通して善であったり悪であったりすると決めつけるのは思考として窮屈だなぁと


そうなると人は生まれながらにして無であるという性無説が僕の考えには一番近いですね

勉強になったけど、自分はどっちも持っていると思うからこういう場合はどうすればいいの?とりあえず、普通に過ごせばいいのかなぁ?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

返信遅くなってしまいましてすいません。

性無説もアリだと思っていました。

ただ、そこまで考えてしまうと、
難しくなってしまい、深すぎるかもしれないという懸念があり、
性善説と性悪説だけを取り上げさせてもらいました。

ただ、今回のようにありがたいコメントもありますので、
性無説も視野に入れて考えればよかったかと思います。

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

返信遅くなってすいません。

僕たちとしては、
性善説を貫くとか、性悪説を貫くとか、
っていうのを避ければいいのではないかと思います。

時と場合に応じて、変化させていけばと思います。

ただ、一貫性がないと怒る人もいるので、難しいところかもしれません。

僕たちの考えに納得したら、それに従えばいいと思いますし、
不満だったら、別の考え方を調べたり編み出したりすればいいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。