FC2ブログ

プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:心理・考えたこと・思うこと
知りあいに保育園に通っている子供がいて、この間迎えに行きました。

その時のことなのですが、

ある子供が泣いていました。

すると、先生が来て「どうしたの?」と言ってきました。

その子は、「Aくんにいじめられた。」と言いました。

そこで、先生はAくんのところに行って、「Aくんを泣かせたらダメじゃないの。」
と言って怒りました。

怒るのを見た瞬間に、駐車場がいっぱいになってやばいと思ったので、
僕は子供を連れて帰ってきました。


ということがあったのですが、
みなさんは、どのように考えたでしょうか。

何も感じないとか、どうでもいいとか思う人もいるかもしれませんが、
僕は、こう思いました。


「なんで、いじめたほうの意見を聞いてあげないんだろう」


いじめたことが絶対に悪いかどうかも微妙なところですが、
一つの意見だけで判断してしまうっていうのは、あまりよろしくないのではないかと。

その意見を聞いた上で、本当にいじめた方が悪いのであれば、
それは怒ってもいいかもしれないですけど、
泣かせたとか、いじめた=ダメだよね、っていうのもどうかと。

要は、一方的な意見だけで判断するのではなく、
お互いの意見を汲み取って判断してほしいと思います。


そういう感じでいくと、今回の被災状況についても同じことが言えると思います。


例えば、電力関係の方々は電力供給が苦しいから、節電をしてほしいという意見があります。

この意見だけを聞くと、節電をしなければいけないように感じますが、

企業の人たちは、電気をある程度使って経済が回るように、工場を動かしていきたい
という意見もあります。

この意見を聞くと、決して節電するだけがベストのように感じません。


だから、一方の意見を聞くだけではなく、
反対であったり、違う視点での意見をちゃんと考慮していく必要がある気がします。

今回の話に共感できた方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

            
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。