FC2ブログ

プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:心理・考えたこと・思うこと
いろんなことをするときに、人間はスタートラインに立つことで始めます。
しかし人間は、何かの壁にぶつかったとき、諦めてしまうということも多々あります。


でも僕は、何かの壁にぶつかってダメだと思ったらゴールから攻めてみればいいと思うんですよね。
世間一般にいう、逆算ってやつです。

トンネルを作ることを想像するとわかりやすいのかもしれません。

例えば、1kmのトンネルを作るときに、入口から1km掘ってもいいですが、
入口と出口から500mずつ掘ってもそれはそれで、大丈夫なんですよね。

他も万里の長城を作る話なんかがあてはまるかと。

有名な話ですが、
8万8千kmもある万里の長城は、1から順番に作っていったわけではありません。
1番左側の1kmを作ったら、続けて作らずに反対側まで行って、1番右側から1km作ります。
それが終わったら、また左側に作って1km作って、終わったら右側に行って・・・
というふうにして、最終的に万里の長城の中心で完成するという作り方になっています。

反対側に行くことによって、自分たちが作ったものが、
自分の目で確かめられるわけです。

スタートからやってみて、無理だと思ったら反対からやってみている例だと思います。


これが日常だったら、例えば何かの予定を立てる時なんかに使えたりします。

勉強だったら、1週間後に控えた試験のために、今日は国語で明日は英語、みたいに。

予算だったら、AとBとCを買うから○○円かかる、ではなく
○○円しかないから、AとBだけ買って、Cはあきらめよう、みたいな。


このように、ゴールから攻めるのは、アリだと思います。

しかし、この考え方は時々当てはまらないこともあります。
例えば、告白のときとか。

話しかけてみるというスタートが無理で諦めたから、
じゃあ告白してみよう、っていうのはさすがに無理な話です。




物事は、考え方一つで大きく変わる可能性があります。
今回のような、逆から攻めるという発想は、意外と使える場面が多いんで
スタートから攻めて行き詰ったら、ゴールからも攻めてみてください。

今回の話に共感できた方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ 



          
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。