FC2ブログ

プロフィール

ゆとり達

Author:ゆとり達
ゆとりのゆとりによるゆとりのないブログです。

時々ここの内容を変えているんで、ぜひ読んでみてください。

掲示板にいろいろと不都合が生じたので、
早くも撤去させてもらいました。

これからは、みなさんからのコメントを積極的に
読んでいきたいと思います。

どんな意見でもかまわないので、
どんどんコメントをお願いします。


検索フォーム


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数

現在の閲覧者数:

最新コメント


リンク


最新トラックバック


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:教育・社会・ニュース
「ゆとり世代」についての言及 の おまけです。

僕の知り合いの、ある高校の先生から聞いた話を
その先生から許可を得たので、書いておきます。


名前は出せませんが、この話の登場人物として出てくる高校の先生はゆとり世代に対して常に苦言を呈していたそうです。

ある日、その先生が高校3年生の担任を持っていた時、
自分のクラスの生徒の模擬試験の成績を見たところ、
その先生のクラスの生徒の成績が全体的に悪かったらしいです。

すると、その先生は、
「これは、予備校にもっと頑張ってもらわないと困るなぁ」
と言ったそうです。

職員室中が静寂に包まれたそうです。



また、その先生は英語の先生なのですが、
その先生が持ったクラスの英語の偏差値は必ず高くなるそうです。

どんな授業をしているか聞いてみたところ、
毎回英語の長文が書かれたプリントを配り、
それを先生が読んで、ひたすら日本語訳を先生が言う、というスタイルで
全く文法などを教えないそうです。

なぜ、この勉強法で成績が良いのか分からないので、詳しく聞くと、
どうやら、生徒自身が「この授業を頼りにしていたら、英語は壊滅的になる」
ということで、授業中に必死で単語を覚えたりしているらしいです。

この奇跡は、ある意味反面教師と言えるのかもしれません。

しかし、その先生はなにを勘違いしたのか分かりませんが、
みんなが必死になって日本語訳を写していると思っているそうです。

おまけに、後輩の英語教師には、
「俺の指導方法は素晴らしいから、どんどんマネしていいぞ」
ということで、その先生の指導法を広めているらしいです。





バカと天才は紙一重と言いますが、
今回の話を高校の先生から聞いて、
ゆとり世代の生徒はダメだ、とか言う前に
ゆとり世代を指導した先生のダメな部分を改善していくべきではないかと思いました。


もし、自分が担当しているクラスの成績を上げたい先生がいらっしゃいましたら、
クビを覚悟で壊滅的な授業をやってみることをオススメします。
生徒に危機感を持たせる授業を展開するだけで、
みるみる偏差値が上がっていって、
勘違いを楽しむことができるかもしれないので。



ここ最近、「ゆとり世代」についていろいろと考えてきましたが
ゆとり教育の時の先生とその指導方法について、もっと詳しく知りたいですし、
先生方にはもっと頑張ってほしいと感じました。

というわけで、バカと天才の紙一重の部分に存在している先生がいたら、
ぜひ教えてほしいです。

今回の話に共感できた方は、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント

こんにちは

こんにちは
またもや生意気にコメントさせていただきます。

難しいですね。
そのクラスの生徒たちは、英語の実力が上がって、それ以外は下がったんですよね。
結果を見たら、英語の授業が成功していて、そのほかの授業が成功していないということですよね。

基本の考え方は、先生にとってどうか?ではなく、生徒にとってどうなのか?っていうことだと思います。

だから、周りの先生たちから見てどうか?ではなく、生徒たちにとってその英語の先生は良かったんじゃないでしょうか?
もっと、ほかの授業の先生たちは、疑問を持つべきではないんでしょうか?
先生だけじゃなく、人は、どうしても自分の立場から物事を見てしまうものなんですけど・・・

最後に関係ない話ですが・・・

前にもコメントしたように、私は学生時代一切勉強はしませんでした。また嫌いでした。
数学や物理はできましたが、古典や歴史が全然面白くありませんでした。
しかし、最近京都の「幕末維新ミュージアム」ってところに行って、幕末のことの展示を見ていると、すごく面白くて、すごく頭に残っています。
今では、幕末のことは人よりも知っているんじゃないか?って思うくらいです。
ふと考えたのですが・・・
これってなんなんでしょうか?
なぜ学生時代にこの気持ちになれなかったんでしょうか?
詰め込みだったからでしょうか?
今の子供たちをこういう気持ちにすることはできないんでしょうか?

またまた素人故のつまらない疑問かもしれませんが、そんなことを思いました。

いつもいつも的外れなコメントごめんなさい。
このブログを見ていると、なぜかコメントしてしまいます。

またおじゃまします。
失礼しました。

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。

naritomoさんの考え方は、面白いですね。

というより、ポジティブな思考だと思います。

一般論とはまた違う視点のように感じました。


幕末についてですが、
このブログの作者の一人も幕末が好きでして。

このブログでも追求して書いていきたいと思います。

そして、幕末を好きになるような、そういう気持ちを持たせることがある意味で教師に
必要なスキルかもしれません。

考え方によっては…

これはある意味で最高の”ゆとり“教育ですね。

生徒の興味(?)のままに授業をしているのですから。

ただし、私から申し上げれば、これはただの職務怠慢です。

本来は、生徒の教科に対する興味をもちあげるのが、教える側の重要な仕事なはずです。

話が飛びますが、『理科離れ』とは、教師の怠慢の表れなような気がします。

理科は、実験を小さいころから見たりやったりすれば、『どうしてこうなるんだろう』と疑問がわくはずで、自然と興味を持つはずなんです。

それでも…ということは…(お察しください)

まあ、英語に興味を持てと言われても難しい気がしますが。

それでは。

Re: 考え方によっては…

コメントありがとうございます。

僕も職務怠慢という表現はアリかなと思います。

そして、「理科離れ」に関しての考えは面白いと感じました。

「理科離れ」についてはしっかり考えたことが無かったので、
もっと検討していきたいと思います。

ただ、理科に疑問を持つというのが難しいような気もしました。

確かに興味を持たせるスタンスは大事だと思いますが、
生理的に受け付けないとか、どうしても無理なこともあり得るので、
そういうところのアプローチも大切かと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ゆとり日本見聞録 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。